f:id:purplerainbow:20170807234708j:plain

飛行機無しの鹿児島空港です。

 

試合について

 

f:id:kichisuke3:20140623102751g:plainポルトガル代表×f:id:kichisuke3:20140623102750g:plainガーナ代表(Group G)

 

試合日時 

2014年6月26日(木)13時~

※日本時間 6月27日(金)AM1時~

 

会場

エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア(ブラジリア ブラジル

 

 

先発メンバー

ポルトガル代表

GK    22    ベト
DF    2    ブルーノ アウベス
DF    3    ペペ
DF    21    ジョアン ペレイラ
MF    4    ミゲウ ベローゾ
MF    6    ウィリアム カルバーリョ
MF    8    ジョアン モウティーニョ
MF    20    ルベン アモリム
FW    7    クリスティアーノ ロナウド
FW    11    エデル
FW    17    ナニ

 

ガーナ代表

GK    16    ファタウ ダウダ
DF    19    ジョナサン メンサー
DF    21    ジョン ボイエ
DF    23    ハリソン アッフル
MF    7    クリスティアン アツ
MF    8    エマニュエル アゲマング バドゥ
MF    10    アンドレ アイェウ
MF    17    モハメド ラビウ
MF    20    クワドゥオ アサモア
FW    3    アサモア ギャン
FW    18    マジード ワリス

 

 

試合テキスト実況速報

※右左はその時ボールを持って攻めているチーム側で表現しています。

前半

3分 ポルトガル

右サイドからクロスを入れるが、味方がいない。

 

5分 ポルトガル

右サイドの7番Cロナウドへスルーパス。これをゴール左隅目掛けて柔らかいシュート!クロスバーに嫌われる。技ありのシュート。決定的なシーン。

 

9分 ガーナ

右サイドからオーバーラップした23番アッフルがグラウンダーのクロスが入るがDFクリア。

 

12分 ポルトガル

フリーキック。7番Cロナウドが直接狙うがキーパークリア。

 

13分 ガーナ

右サイド深い位置で切り替えしてクロス。キーパーキャッチ。

 

18分 ポルトガル

右サイドからのクロスをファーサイド7番Cロナウドがヘディングシュート。キーパーファインセーブ。決定的なシーン。

 

19分 ガーナ

最終ラインから縦へのロングフィード。ゴール前の3番ギャンがシュート。キーパーファインセーブ。決定的なシーン。

 

23分 ガーナ

右サイドからのフリーキック。ファーサイドの3番ギャンがヘディングシュート。キーパーキャッチ。惜しい。

 

27分 ポルトガル

中盤パスを受けた7番Cロナウドがドリブルで上がり、左サイドへ。4番ベローゾがワンタッチでクロスを入れるがDFクリア。

 

31分 ポルトガル

左サイド4番ベローゾからの低いクロスを21番ボイエがクリアミス。そのままゴール右端に吸い込まれてしまうオウンGOAL!

 

ポルトガル 1-0 ガーナ

 

32分 ポルトガル

バイタルエリアでボールを持った7番Cロナウドがフェイントしてシュート!キーパーファインセーブ。惜しい。

 

34分 ポルトガル

ペナルティエリア内左から20番アモリムがシュート!ゴール左サイドネット外。惜しい。

 

39分 ガーナ

23番アッフルにイエローカード。

 

40分 ガーナ

7番アツがドリブルでペナルティエリア内左に進入する。そのままシュート!これは枠をとらえられない。

 

44分 ポルトガル

17番ナニがミドルシュート。これは大きく枠外。

 

アディショナルタイムは1分

 

ポルトガルのスローインの場面で前半終了。ポルトガル選手達は納得がいかず審判に抗議する場面も。

 

両チームともエースが積極的にシュートしていたのが印象的でした。ガーナはオウンゴールで失点と不運なところもありましたが、決定的なシーンを作れていました。ポルトガルはサイドからの攻撃や中央を連携して崩すなど攻撃のパターンが豊富な印象でした。

ガーナはやや体力を温存しているような印象を受けましたので、後半どう出てくるか見てみたいと思います。

 

 

後半

3分 ポルトガル

バイタルエリアから17番ナニがミドルシュート。DFブロック。

 

6分 ガーナ

3番ギャンがバイタルエリアを左から内へ切れ込みながらシュート。ゴール僅かに左。惜しい。

 

8分 ポルトガル

左サイドからファーサイドの7番Cロナウドへクロスが入るがキーパーセーブ。

 

10分 ガーナ

18番ワリスにイエローカード。

 

12分 ガーナ

左サイド20番アサモアがアウトサイドでトリッキーなクロス。ファーサイド走り込んだ3番ギャンがヘディング!GOAL!

 

ポルトガル 1-1 ガーナ

 

15分 ガーナ

左サイド3番ギャンからファーサイドへクロス。18番ワリスがフリーでヘディングシュート!ゴール惜しくも右。決定的なシーン。

 

16分 ポルトガル

選手交代 21番→18番バレラ

 

20分 ガーナ

カウンター。右サイドからゴール前18番ワリスへラストパス。DFが何とか防ぐ。

 

22分 ガーナ

右サイド角度の無いところからフリーキック。ゴール前からバイタルエリアへこぼれたボールを20番アサモアがミドルシュート。ゴール右にそれてしまう。

 

24分 ポルトガル

18番バレラがミドルシュート。ボールバーの上。

 

24分 ポルトガル

選手交代 11番→10番ビエイリーニャ

 

25分 ポルトガル

左サイド7番Cロナウドが仕掛けてゴール前クロスが入れるが、味方とは合わない。

 

26分 ガーナ

選手交代18番→13番Jアイウ

 

28分 ポルトガル

左サイド7番Cロナウドが長い距離をドリブルで駆け上がる。ペナルティエリア内で倒されるがホイッスルなし。右ひざはかなり痛そう。

 

31分 ガーナ

選手交代17番→6番アフリエ

 

31分 ガーナ

8番アゲマング バドゥのミドルシュートは枠の外。

 

33分 ガーナ

13番Jアイウにイエローカード。

 

34分 ガーナ

13番Jアイウが右サイドからカウンター。ファーサイドに斜めクロスを入れるがこれは合わない。

 

35分 ポルトガル

左サイドからのクロスが入る。キーパーのキャッチミスを7番CロナウドがシュートGOAL!

 

ポルトガル 2-1 ガーナ

 

36分 ガーナ

選手交代 10番→22番ワカソ

 

37分 ガーナ

中盤でボールを奪った22番ワカソが中央をドリブルで持ち込んでそのまま強烈なミドルシュート。これは枠をとらえきれない。

 

37分 ポルトガル

ゴール前7番Cロナウドが左サイドに一旦預けて、その折り返しをシュート。キーパーファインセーブ。決定的なシーン。

 

38分 ポルトガル

左サイドからコーナーキック。ゴール前17番ナニがヘディングシュート。これは大きい。

 

38分 ポルトガル

18番バレラがシュートするが、キーパー正面。

 

40分 ガーナ

左サイドから斜めクロスを入れるが、合わない。

 

42分 ガーナ

3番ギャンのシュートはキーパーキャッチ。

 

43分 ポルトガル

選手交代22番→1番エドゥアルゴ

 

44分 ガーナ

3番ギャンが内に切れ込みながらシュート。枠をとらえきれない。

 

アディショナルタイムは4分

 

45分 ポルトガル

右サイド17番ナニからのクロスがゴール前に入る。これに飛び込んだ7番Cロナウドがあわせるがゴールバーの上。惜しい。

 

47分 ポルトガル

7番Cロナウドが裏へ抜け出したところにスルーパスが入る。キーパーと1対1の場面。シュートはキーパーがファインセーブ。決定的なシーン。

 

48分 ポルトガル

8番モウチーニョにイエローカード。

 

48分 ポルトガル

フリーキックを3番ギャンが直接狙うがバーの上。惜しい

 

49分 ポルトガル

8番モウチーニョがミドルシュート。これは大きい。

 

試合終了。

 

ポルトガル 2-1 ガーナ

 

ガーナは後半足が止まってしまいました。ポルトガルは最後まで猛攻を仕掛けますが、追加点が決まりません。Cロナウドも足が万全でない中で奮闘しましたが、最後の決め手がありませんでした。

 

 

 

昨年申し込んでいたふるさと納税のお礼の品が不意にやってきました。

 

鹿児島県から奄美産の活車海老です。

 

f:id:buchineko_okawari:20160124204958j:plain

大きさは靴の箱くらい。小さいし軽いのであっさりした感じ。

 

f:id:buchineko_okawari:20160124205002j:plain

開けた瞬間に、跳ねる車海老、飛び散るおがくず。本当にピチピチなので開けるときは注意してください。

 

f:id:buchineko_okawari:20160124205953j:plain

車海老は生きている状態で調理するのが一番おいしいと言われているのですが、ぴちぴち跳ねるのを捌くのはちょっと怖い。対策は氷水につけることです。10分くらいで動かなくなるので、その隙に調理しましょう。

車海老のある食卓

f:id:buchineko_okawari:20160124205005j:plain

車海老は大ぶりのものが全部で9匹入っていたので、三種類の食べ方を試してみました。

車海老の塩焼き

f:id:buchineko_okawari:20160124205006j:plain

氷水に漬けた車海老を竹串などでまっすぐに刺して、粗塩をふって、ロースターで中火で焼きます。裏返しながら、全体にカリッとしたら焼き上がり。殻まで全部食べられます。

車海老の刺し身

f:id:buchineko_okawari:20160124205008j:plain

氷水に漬けた車海老の殻を剥いて、背中側に切れ目を入れて背わたを取り、2〜4切れに切る。きれいな氷水に30秒ほど浸けてから引き上げて、ペーパータオルで水気を拭いてから、盛り付ける。ねっとりとして甘みが強い。ちょっと面倒ですが、活車海老が手に入ったらぜひ試してほしい食べ方です。

車海老の浜茹で

f:id:buchineko_okawari:20160124211027j:plain

塩ひとつまみと油数滴を入れた鍋でお湯をぐらぐらに沸騰させ、氷水に漬けた車海老を1〜2分ほど茹でる。茹ですぎるとパサパサになるので注意。

 

f:id:buchineko_okawari:20160124204957j:plain

あつあつのところを、殻を剥いて塩などをつけながら食べる。

おすすめの食べ方

一番のおすすめはやはりお刺身です。活車海老をさばくのは勇気が入りますが、きちんと氷水につけておけばあまり動かないので大丈夫です。

手軽さで言えば浜茹で。茹で過ぎにさえ注意すれば、ぷりぷりの海老の身を思う存分楽しめます。

個人的には甲殻類は焼いたときの香ばしさが好きなので、塩焼きも捨てがたかったです。

2015年のふるさと納税

 



 

 

少年プレミアム、見ただろうか?

 

KinKiKidsをゲストと迎えたトーク、嵐のワクワク学校のコンサートレポート、そしてプレミアムショー。

 

 

私が今回話したいのはプレミアムショー、しかもWonderについて。

 

 

 

f:id:basilbasilbasil:20160721104612j:image

 

もちろQUARTETTOについても話すことが沢山あるが、とにかくWonderについて私は語りたい。共有したいのだ。

 

 

さぁ、話す前に音楽プレーヤーをWonderに変えようではないか。

 

 

まず前提とし、WonderはNEWS4枚目のアルバム『QUARTETTO』に入っている。かっこいい曲調と迫力あるメンバーの歌声に心打たれる楽曲である。

 

f:id:basilbasilbasil:20160721104823p:image

 

 

元々初めて聞いた時から「これすきッッッッッ!!!!!!!!」となってた曲だ。

 

ピアノの軽やかでそして落ちた前奏からの増田貴久の甘く低い舐めるような歌声。手越祐也の引っ掻くような歌声と遠吠えのような高い響き。それに合った加藤シゲアキの低い歌声が安定して土台となる。小山慶一郎の見下されるような優しくも噛んだような言葉遣い。ソロパートやサビの個性や迫力ももちろん。増田の囁くような低い言葉も聴き所。

 

 

今回コンサート映像が流れたから少しコンサートの話もすると、Jrと爆破を使った演出がより客を引き込む。爆破を盛り上げのスタート合図とし、一気に観客の心をつかむのだと。

 

 

今回はそんなに素敵な曲がTVで何度も巻き戻せるというのは感謝しかない。少プレ様ありがとうございました。ありがとうございました。

 

 

 

そして今回は私が死にそうになったポイントを言おうかと思う。

 

 

まず、増田貴久の表情である。

 

 

f:id:basilbasilbasil:20160721173607j:image

 

 

見下すような笑みからの氷のような無になる。いつものアイドルスマイル増田貴久はどこへ???先程まで見せていたKinKi兄さんへの後輩感はどこへ????迷子ならお探ししますが???あ、迷子ではない??それはそれは失礼しました。

 

いつの間にか増田さんがこの表情をできるようになったのか不思議でならない。こんなにも冷たい顔をされたら、ドM心が芽生えてしまう。(友達に言ったらもう芽生えていますと断言されてしまった。)

 

 

そして安定で手越祐也の高音も忘れられない。

 

f:id:basilbasilbasil:20160721173624j:image 

 

いつもは優しい歌声を聴かせる手越だが、何かをもがき苦しみ訴えるような引っ掻く歌声。さすが手越。鋭い視線までもが私の記憶に手越祐也を刻み込ませる。

 

 

いやいやいや、加藤シゲアキも忘れられない。

 

f:id:basilbasilbasil:20160721173839j:image

 

歌はもちろんなのだが、加藤シゲアキの最後を見ただろうか?挑発的なあの表情、舌出し。何度あのシーンを巻き戻したことだろうか。ガチで10回は巻き戻している。すきすきすき。

 

いつもはまとめる優等生な加藤だが、実は悪いことをしている男の子のようではないか。スーツを脱げば悪い男というキャッチコピーをつけて、メンズ下着CMをして欲しい。そうだな、ビジュアルは女性を挟み片方にはネクタイをきちんとして微笑む加藤、もう片方はスーツを脱ぎ捨てた色気満載、長髪的な加藤というのはどうだろうか?っととと。そうな話をしているのではない。話を戻そうと思ったが、色気満載ということでこの男の話もしたい。

 

 

そう、小山慶一郎だ。

 

タイトル通り大勝利な男。大勝利と何度言っただろうか。母に「は?何が大勝利?意味がわからない」 と言われても負けじと大勝利と言い続けた。ちなみに写真は私のフォルダーにはこの可愛い小山慶一郎しかいない。

 

f:id:basilbasilbasil:20160721175224j:image

 

ぜひかっこいい姿は動画で見てくれ。

 

今回小山慶一郎から目が離せなかった。ダンス、歌声、目線の移し方、乱れた髪。全てに愛おしくを感じる。こんなにも愛おしくていいのだろうか?愛していいのだろうか?きっと私はこのまま彼に溺れたら死んでしまう。酸素のない海で生きられない魚はいないはずなのに、そんなところへ行こうとしている気分だ。

 

何より愛おしさを感じたのは最後の投げキスからの乱れ髪。胸が苦しい。これは病院に行かなくてはいけない。病名はきっと告げられず「もう小山慶一郎を見てはいけない」と一言余命よりも辛いことを告げられるのだろう。

 

いつもはあんなにも可愛くメンバーの幸せを願う彼なのになぜこんな顔ができる?なぜこんな目線ができる?私には君が不思議でならない。

 

 

 

 

 

そんな彼に私は殺された。

 

 

 

 f:id:basilbasilbasil:20160721185152j:image

 

少し前、ライターがバイラルメディアのひとつを訴えたエントリが話題になった。このエントリがアップされた直後に、多くの便乗記事がアップされた。ぼくもその一人で、こんなのを書いた。
バイラルメディアはのさばり続けるだろうな〜 - リコシュギブログ

バイラルメディアに関しては、やまもといちろう氏も以前から違法性を指摘していたし、ほとんどのメディア関係は苦々しく思っていたはず。やはり他人のコンテンツを盗んで、それを商品として堂々とお金稼ぎをするという、これ以上に「盗人猛々しい」という言葉を忠実に表す状況がかつてあったのでしょうか、と思えるレベル。

しかし「他人のコンテンツを盗んで、それを商品として観客を集め、堂々とお金稼ぎをする」ということに関しては、いま批判を浴びているバイラルメディアだけが罪を犯しているわけではない。例えばラジオ番組を買ってに書き起こしてアーカイブしている「世界は数字で出来ている」「ラジおこし」、プレゼンテーションなどを書き起こす「ログミー」も全く同じ罪を犯している。
更にいうと、いまやネット上のインフラといえるかもしれないほど大きな存在になっている2ch。これだってコンテンツの転載によって成り立っているし、各種2chのまとめサイト、いわゆる転載の転載というもはや一点の曇りもない漆黒、擁護できないサイトも数々存在する。


さて、興味深いのは、これらのウェブサイトがいわゆるバイラルメディアほどの批判にさらされていないという点。いやいやまとめサイトはめっちゃディスられてるやん、という話もあるが、ヨッピーのような法的に真っ向から戦う勇者は現れなかったはず(ぼくが知らないだけならごめんなさい)。

その理由として僕が考えたのは、メディアのコンテンツ運用姿勢に問題があるということだ。
ひとつは、問題のあるバイラルメディアに共通しているのは、コンテンツを盗んで、さらに自分たちが作ったかのような顔をしている事が多いという点。違法バイラルメディアの多くは、アップする記事の中心にYOUTUBE埋め込み動画を設置しており、どこどこからの転載ですという明記もしない。まあ明記してもダメなもんはダメだけど。
さらに「気に入ったらシェアして」などと固定メッセージを設置しているが、それお前の作ったコンテンツじゃねえだろ。
ラジおこしや世界は数字で出来ているなどの、コンテンツの転用をして引用元を明記しつつ違法にお金稼ぎをして、著作権違反をしているメディアとは一線を画す、姿勢の違いだ。もちろんどっちもアウトだけどね。

ツイッターなどで他人の作成したコンテンツを自分が作ったとして発表する「パクツイ」を行う人々が一定数いるが、批判されまくっているバイラルメディアのいくつかはそれをメディアぐるみでやっているわけである。

違法にお金を稼いでいるということよりも、勝手に作者ヅラされた許せんという感情の方が強いのではないか。というのがこのエントリで語りたかったこと。つまり著作権を有しながらコンテンツをパクられた人々にとって、違法性よりも、「コンテンツを盗んで、さらに自分たちが作ったかのような顔をされる」ということの方が許せないのではないだろうか。という話を思いついたんですが、どうでしょう。

※バイラルメディアの中にもまっとうにやってる人たちはいるはずなので、その人達のことは言ってません。あしからず。

蛇足

コンピュータなどのツールがない時代に同じことを行うと仮定したら。例えば、他人が作った絵や音楽を、自分が製作したとして披露することは難しいはず。すぐにバレてしまうからだ。しかしインターネットや、Photoshopなど改変の自由度が増すアプリケーションが安価に利用できる時代には、本当にオリジナルコンテンツなのかという点が非常にわかりづらい。つまり、いくつかのバイラルメディアが嫌われる理由は、普通に考えたらありえないほど単純な盗用が、既存の著作権法でさばきづらいため、自浄作用的に起こったバッシングなのでは。

ヨッピーとBUZZ newsの一件では、違法性を認めて示談に至ったが、メディア側が、本気で「これは我々のオリジナルコンテンツだ」と主張した場合、法律ではどのような扱いになるのだろうか。意外と裁判が難航してしまったりしないだろうか。そしてゴネたもん勝ちという結果が出たりしないことを祈る。

つまり、いくつかのバイラルメディアに対する大きな批判は、技術革新によって起こった著作権法という枠組みへの攻撃に対する自浄作用なのではないだろうか。酔っ払ってるから途中から何言ってるかよくわかんなくなったけど、そんな感じ。という妄想を、たったいま思いつきましたがどうでしょう。

f:id:yunawakuwaku:20161230165001j:plain

こんばんは


今日も一日せっせとお片付け(笑)

お天気が良かったので仕事が捗りました。


今年は年末年始の大移動がないので、家の片付けに専念出来ています。

いつだったか、ハワイに旅行した時はホントにバタバタして、空港に着いたときにはすでにぐったり。しかも深夜の出発だったので寒いし眠いしで大変でした。

ということで、
ハワイでのエピソードを一つ。

オアフ島のアラモアナセンターで、両替したお金が足りなくなったときのこと。

観光客が一杯で、ショッピングモールの中にある両替所には人が並んでいたので、これは銀行に行ったほうが早いかも!と家族が一人で銀行に行くことになったんです。

英語が得意でないのに、銀行に行ったんですよ?
嫌な予感がしませんか?(笑)

ワタシは止めたんです。絶対無理だって!
窓口で英語が通じる気がしない…(汗)
一人で行くと言い張るので、ワタシは同行者と買い物をしながら待つことにしたんですけど…。

案の定、戻ってきません(笑)

30分経過…1時間経過…

と、1時間過ぎたところでハァハァ言いながら戻ってきたんですねー。
何やら紙を一枚手に持って。

やっぱり嫌な予感が的中。

ワタシ「コレ、口座開設の申込書じゃないの?」

ほらーーー!爆笑!

丁寧なローマ字で、日本の住所と名前が書かれていました(笑)

どうやら、この紙を持ってずーーーっと口座開設の窓口に並んでいたようです。両替の窓口ではないことに気付いたのは自分の番が来て用紙を渡そうとした時だったみたい。

想像してみて下さい。行列に並んでる姿を。もうね、今思い出しても笑いが止まりませんよ(笑)

一年に何度もハワイに行くならいいけれど、そうじゃないもんね。
しかも、一年間休眠口座にすると毎月10ドルづつ引き落とされるってホントですか!?ええ!?

良かった〜〜〜口座作らなくて(笑)

笑える話だからいいけど、これが訳もわからずサインして大変な事になってたら…と考えると、やっぱり、英語の勉強は必要だなと感じます(苦笑)

ワタシが一緒に行ってたらどうなってたかな…英会話は得意じゃないけど単語は理解出来たかもね…ははは。

***

今日のよかった

今日はね、持株クンたち全員プラスでしたよ。
塩漬クンもプラスです(笑)また、なんか動きだしてますし…怪しい(笑)

225は最終マイナスでしたけど、途中盛り上がりましたし、まぁまぁ良かったのでは?(おまえが言うなってね)

来年に希望が見えた今年最後の取引でした。


とうとう明日で2016年も終わりですね。

やり残したことないですか?

ワタシはもうないです(笑)

ブログも、今のところ、無事に毎日更新出来てますし、これだけでも今年は良い年だったな、と思えます。


では、また明日

おやすみなさい

野辺山高原へ

2018/07/03

camelopardalis2005-09-14


12〜14日は、長野県の野辺山高原にある、野辺山宇宙電波観測所で行なわれた、ユーザーズミーティング、のつきそいで、行ってきました。夫のことをあまりここで書いたことがありませんが、電波天文学者なのです。私も学生時代は電波のデータを使って研究なんぞもしてた関係で、ここには何度も来たことがあります。が、子供を持ってからは2度目。一昨年の同じ、ユーザーズミーティングに上の子を連れて。去年は下の子が生まれたばかりで行けませんでしたが、今年は家族4人で参加(というか、会議には出ないのでやっぱり単なるつきそい)となったのです。

初日の12日は、パパべったりの上の子を「パパはお仕事で来たんだから」となんとかかんとかひきはなし、会議の邪魔にならぬよう、観測所を出て、となりの南牧村農村文化情報交流館へ行ってみました。そういえば、2年前もここで遊んだなぁ。日中は、何やら観光バスで来た子供団体さんとかでけっこう混雑しているのですが、観測所内でぶらぶらしてたせいで、もう夕方近く。館内にお客さんはほとんどおらず。布ブロックがあったので少し遊んでみましたが、すぐにあきてしまい、涼しいを通りこして少し寒いくらいのお外で遊んで時間をつぶしました。直径45mの、電波望遠鏡と同じサイズの円形の公園は、走りまわったりするのにちょうどいいのですけど、うちの子達は、石を拾ったり、投げたり、食べたり(!)とか…。

そうそう、この日の午前、野辺山に着く前にリゾートアウトレット八ケ岳に寄ってお昼にしたのですが。なんでここにしたかって、やっぱりボーネルンドのお店があるから…。というか、うちの近く(でもないけど)のショッピングセンターにせよ、最近どこにでもあるんですね。同じような物が並んだ店内を、喜んで散策して歩くうちの子供たち。これじゃ、出かけた意味がないんですが、それは、そういうところを選んでしまう親のせいではありますけど。

翌、13日の午前は、子供たちは滝沢牧場で動物達とたわむれ、午後には旅館に帰って、たっぷり昼寝です。

夜には観測所に入って、懇親会に出てきました。久しぶりに研究者の中に入る私ではありますが、子連れだし、今は何にもしてないし、子供に食べさせなきゃいけないしで、浮きまくっておりました。隅の方でおとなしくはしておりましたが。そんな私にも声をかけてくださるなつかしい皆様、ありがとうございます。そうねぇ、子供に少し手がかからなくなったら、何かやれるかも、と思うのですが、今はこのとおり。ここの日記でこそこそ、あれこれ書くくらいがせいいっぱい(息抜き?)なのです。

当たり前のことではありますが、若い院生さんもたくさんいて、知らない顔もいっぱいでした。自分はあの頃から止まった感じですが、時は着実に流れているのだなぁ、ということを感じさせられます。学生さんには、女性が多かったのにも驚きました。20代、何の制約もなく、ばりばり研究につぎこんでる皆さん、私の姿を見て、10年後の自分を想像されたりしました、でしょうか? 一方、同世代の方の何人かは、やっぱり、結婚したり子供を持ってたりで、そういう話題でも盛り上がります。

折角野辺山に来たのだから、子供たちに満天の星空を見せてやりたい! と思っておりましたが、昨晩は曇天。この日、懇親会の後に外に出てみたら晴れてました。が、半月を過ぎた月が明るすぎて、天の川はおろか、南のさそり座もわかりませんでした。でも、上の子は、都会では見れない星空を眺め、「流れ星が見たい」などと口にするまでになりました。これで良かったの、かな。

3日目は、所内をぶらぶら散策です。
f:id:camelopardalis:20050914091236j:image f:id:camelopardalis:20050914094934j:image
といっても、45m電波望遠鏡の観測棟は、雨漏り対策工事のために近寄れず、横の展示を見るのはあきらめ、子供はこうして、土いじり(?)です。どこへ行っても、やることは同じ…。

そうそう、宿泊したのは(毎回一緒なのですが)、野辺山荘です。ここ、大きなスタンダードプードルのジャンが、看板犬としております。プードルって、あの、小さくって、ふさふさの毛をかわいらしく刈ってる小さい犬を想像しますが、ジャンも毛はふさふさなんですけど…、でっかい! 品種改良する前の本来のプードルって、こんなにでかい犬だそうです。うちの子なら、乗れそうなくらい。
f:id:camelopardalis:20050914085326j:image
子供達は興味津々。でも、ちょっと「ワン」と言われただけで、びびって泣いてしまいました。でも、とってもおとなしくてかわいいんですよ。新米の白と黒の小さいプードルや猫達もいて、そういう面でも楽しい旅館です。

皮が……。
かあいい
f:id:Akkiesoft:20090225121526j:image

腹や覚悟は、ゆっくり、ゆっくりと固まっていくものなのでしょう。

 

ここ2,3日の私は、とても穏やかで落ち着いています。

その理由は

「過去の自分との付き合い方の変化」と

「今の自分を「それでよい」とする意識」あと

「1日1歩前進でOK精神」にあると思います。

 

「過去非難(バッシング)」が、前よりも少なくなりました。

今が、今足元に転がっているものが大切だと、前よりちょっとだけ、思えるようになった、かもです。「過去非難をする自分」非難が少なくなったのが、一番大きいかも。

「今を大切にする具体的な行動」は、今はここに「今が大切だ」と繰り返し書くことくらいですが、意識自体を忘れないことには大いに成功(!)しているので、よしとしています。私は、忘れっぽいので。。。

 

忘れっぽくて、何でもすぐ忘れちゃう私。のんびり屋で、焦燥感が苦手な私。怖がりで、不安と暗中模索が苦手な私。じっくりと腹を固めるくらいの勇気を持ってる私。

私は、そんな今の私自身に「それでよい」と言えるように、ちょっとだけなれました。

ポイントは、決して自分を責めないことです。私の思考は、すぐに自分を責めがちなので、意識的にブレーキをかけています。ぎゅっと、脳をしめつける感覚があります。

今の私は、大切な自尊心を育てている段階ですから、これでいいんだと思っています。人より遅いのは、承知しております。。。汗 でも、これでいいんだと思いますよ。

 

「1日1つ事務作業を進める。1つ進めれば、よし」これが、ここ2日の私ルールです。

一昨日、私は内見の予約を入れました。昨日、私は親戚に書類作成のお願いをし、ちょっと開けるのを躊躇っていた封筒を開け、健康診断を受ける病院の目星をつけ・・・

おお、文字にすると、事務作業は少しずつ進んでいますね。いいことです。

この「1日1歩前進ルール」は、「今を大切にする」思考を強化するのに有効だと思います。「今できること」を少しずつ行う土台が作られているからです。いいことです。

 

「過去との付き合い方を発展させています。」

「現在の自分との付き合い方を発展させています。」

「将来へつながる習慣を発展させています。」

 

自分に、正しい優しさをたくさん、正しい厳しさをちょびっと、与えられるようになってます。

 

「固めています」というより、もっと柔軟な「発展」という言葉がいいですね。

そう。私は、今を中心に、過去と未来を少しずつ整理してるのでしょう。

整理と発展。いいですね。やわらかくて。ね。私は私。自信持っていきましょ、ね。


(追記)

そうそう。あなたは昨日、会社への提出原稿も書きましたよ。うんうん、いいですね。


あと、ブログのタイトルと記事のタイトルが繋がっていることに、あなたは気づいていましたか!?

いや、いいですね、ひょんな気づきから、何かが繋がり生まれるんですね!

レッドローチの記事が長くなりすぎてしまったので、この記事でコオロギやデュビア、レッドローチなどの餌用昆虫に使える自動給水器の作り方を紹介します!

  

デュビアやレッドローチの飼育解説をしているサイトがネット上にいくつもありますが、中には飲み水が不要(水分じゃなくて)としている方もいらっしゃいます。私も初めのころは飲み水を無しにして野菜クズがもっている水分のみで飼育していましたが成長が遅く繁殖もあまり進みませんでした。しかし、飲み水を与えるようになってからは成長速度が目に見えて変わったように変わって驚きました。なので私は水入れを入れての飼育を推奨しています。

 

特に難しい技術が無くとも簡単に作れてしまいますのでお試しください。

 

給水器作成に必要な道具

f:id:endlessfield:20161103175426j:plain

  1. タッパー (100均の奴でOK)
  2. 紐またはガーゼ
  3. カッター
  4. 紙やすり

全部100均でそろえたとしても432円です。

紐やガーゼは余りが出るので、傷んできても何度かはお金を出さずに済みます。

 

給水器の作り方・手順

1.タッパーのフタに紐と同じくらいの穴をあける。ガーゼを使う場合はガーゼと同じ幅の切込みを開ける。

 f:id:endlessfield:20161103175433j:plain

小さい穴がすでに開いていますが、採集用のタッパーを使いまわしたためです。

 

使用する物と同じ幅の穴か切り口を開けないといけないので、初めは小さいかな~と思う長さで切っていって、ぴったりの幅を見つけていく方法が失敗しにくいです。

 

2.紐(ガーゼ)適当な長さに切る

 

f:id:endlessfield:20161103175439j:plain

 

 

3.切った紐(ガーゼ)をフタの穴に通す

 

f:id:endlessfield:20161103175449j:plain

 

なるべく隙間が空いてしまわないようにします。

 

4.タッパー下部の側面に紙やすりで傷をつける

 

f:id:endlessfield:20161103175455j:plain

 

傷をつけている理由は、ツルツルの壁を登ることができないデュビアやレッドローチでも上に登れるようにするためです。ヤスリがなくてもカッターやスカッチブライトなどで代用が可能です。

 

5.ふたを閉じて、完成☆

 

f:id:endlessfield:20161103175458j:plain完成図

 

これだけです!。お金も余りかからないし作業時間も10分あればできるくらいです。私はデュビアとレッドローチに使用しています。紐を洗ったり、水の継ぎ足しなどのメンテナンスはケース内の掃除と同じ頻度で行っています。

 

注意点

工程1がうまくいっていない場合は、餌昆虫(特にデュビア)がもぐりこんで給水器の中に入ってしまうという事故が起きてしまいます。これを放置していると悪臭の原因になってしまいますので、定期的な点検が必要です。

 

 

最後に、自作するのが面倒だったり、作ったもののクオリティに満足がいかなかった場合は市販されている自動給水器を購入してみることをお勧めします。

私は使ったことがないのですが、ネット上でみた感じだと評判がいいようです。たぶん半年以上は持つと思うので自作する手間のことを考えるとコストパフォーマンスは同じくらいかな?と思っています。